オサレからはほど遠い、初心者ベランダーの備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -  
 
アネモネが鳴くかも
このタイトルを見て何かしら感じる方は、大橋トリオ好きか、あるいはNHK『植物男子ベランダー』の選曲も好みなファンか、でしょうか。私は両方なんですけれど。

大橋トリオに『アネモネが鳴いた』というタイトルの楽曲があって、それが『植物男子ベランダー』の最初の頃と最終回のエンディング、特に最終回はフルで流れほんとに沁みて・・・で、なんの話だったっけか。( ̄∀ ̄||)

そうでした。前回の最後の写真、新たな発芽に、さて何の花でしょう・・・と心細げに書きましたが、これ、何かの苗を購入した時に送料無料にするためについで購入したアネモネの球根の発芽写真でした。

ぼけてるけど、しっかり出てます。

こちらは、別のプランターに植えたもの。出てます。

ついでに購入したってこともあってすっかり植えるのを忘れていて、そういえばアネモネの球根あったんだ・・・と、慌てて12月の下旬に、ビオラを植えていた鉢とプランターの空いてる場所にテキトーに植えた...というか埋め込んだんです。^^;

実はですねー、アネモネの球根の植え方ってけっこうめんどうだってこと、後で知ったんですわ。

これ↓ よそから拝借してきたアネモネの球根の写真。


これが球根?って感じで干からびた感じでしょ。

で、なんの疑いもなく、球根と言えば細くなってる方を上にして植えるという常識(?)のもと、尖った方を上にして 植えたんですよね。実は尖った方ってのもわかりにくくはあったんだけれど、ほんとついで感溢れちびってバタバタと何も調べずに植えて。

その後、何気にネットでアネモネの植え方を調べてみたところ、

ええーっ?! 尖った方を下にして植えるってかー!Σ(゜д゜)

ってんで、慌てて掘り起こして(笑) 尖った方を下に位置変えしましたよ。^^;

それでとりあえずは、一安心(なのか?)して気にせず過ごしていたら、今回の発芽です。まさか、上下さかさま事件もあったからこんなに早く発芽するとは想像できず、え?一体ここに何植えたっけ?と大ボケだったわけですが、いやぁ、正真正銘のアネモネ発芽。

期待してなかっただけにめちゃ嬉しくて、再びアネモネ球根 育て方でググってみたら・・・

干からびた球根のままで植えると発芽しないので、吸水行程が必要、なんて出てきた。




つて、まんま植えたけど発芽してますが・・・ ( ̄∀ ̄||)

たまたまの運で発芽してくれたんだろうけれど、めんどうな^^; 吸水行程を省けてほんとラッキーでした。

ただ、今新たに不安になってることが。
当ブログではおなじみの猫に厳しい(笑)「ガーデン花図鑑」に、

「根が深く張りますので、充分根を張るスペースを確保しましょう」とあるやないですか。
けっこうぎゅうぎゅう無造作に埋め込んでるんですけど・・・ (;´Д`)

この調子じゃ、ほんまに アネモネが鳴くかもしれん。。。

と言いつつ、私は都会のベランダー、好きに育てて何が悪い・・ってやつだわね。(植物男子ベランダー 最終話より)

ともかく、八重ではないことはわかってるんだけど花色もわからず、わくわくです。
あわせて、4月からのNHK『植物男子ベランダー』シーズン2も、めちゃ楽しみ!



ぽちっ↓と応援ありがとうございます。=^. .^=

ガーデニング初心者 ブログランキングへ

アネモネ comments(7)  
 
| 1/1 |